読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生に必要な知恵は全てノーファンデ肌で学んだ

私ががコスメの情報と、毎日の出来事をなんとなーく書きためてます。

今日もダラダラしてますがふっくら素肌ケアを集めてみました

本日サーチエンジンで調べた限りでは、「化粧水の使い方に関しては「化粧水をちょっぴりつけても効果はない」「浴びるようにバシャバシャ使うのが理想的」などと言いますね。試してみると実感できることですがつける化粧水の量は少なめにするよりたっぷり目の方がいい結果が得られます。」な、いわれている模様です。

本日文献で集めていた情報ですが、「セラミドは皮膚表皮の角質層の大切な機能を維持するために大変重要な成分であることが明白なので、加齢とともに衰えた肌やアトピーで乾燥した肌にはセラミドの補充は極力欠かしてはいけない手段の一つであることは間違いありません。」のように公表されているらしいです。

私が書物で探した限りですが、「世界史上屈指の美女として誉れ高い女性達がプラセンタを美容や健康と若さを保つことを目論んで愛用していたそうで、古くからプラセンタの美容への有効性が広く知られていたということが推定されます。」な、いう人が多いと、思います。

こうして「プラセンタを生活に取り入れて代謝が活発になったり、肌のコンディションが明らかに改善されたり、以前より朝の目覚めが爽快になったりと確かに効果があると体感できましたが、副作用については思い当たる範囲では見当たりませんでした。」だと提言されていると、思います。

素人ですが、ネットで調べた限りでは、「肌の一番外側にある表皮には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質より形成された角質層という膜で覆われている層が存在します。この角質層を構成している細胞と細胞の間にできる隙間を充填しているのが「セラミド」という名の脂質の一種です。」のように結論されていみたいです。

本日サーチエンジンで調べた限りでは、「コラーゲンをたっぷり含んだ食品や食材を普段の食事にどんどん取り入れ、そのおかげで、細胞が固くくっつき、保水できたら、ハリや弾力のある美的肌と言われる肌を手に入れられるのではないでしょうか。」だという人が多いようです。

それはそうと私は「体内では、絶えずコラーゲンのアミノ酸への分解と必要に応じた新たな合成が重ねられています。年を重ねていくと、ここで保たれていたバランスが不均衡となり、分解される割合の方がだんだん多くなってきます。」と、いう人が多いみたいです。

それはそうと今日は「保湿成分であるヒアルロン酸はコラーゲン&エラスチンによって構成された網目状の骨組みの間をしっかりと埋めるように多く存在しており、水を保持する働きにより、潤いに満ちあふれたピンとハリのある肌に導きます。」だと結論されていようです。

私がサーチエンジンで集めていた情報ですが、「コラーゲンという成分は高い伸縮性を持つ繊維状タンパク質で細胞同士を確実に結びつける役目を持ち、ヒアルロン酸という物質は繊維状にくっついて構成されたコラーゲンの隙間に存在することで、水分の欠乏を食い止める働きをします。」と、結論されていそうです。

たとえば私は「肌に対する作用が皮膚の表面部分のみではなく、真皮層まで及ぶ能力のあるとても数少ない抽出物と言っても過言ではないプラセンタは、皮膚表面のターンオーバーを活性化することによって生まれたての白い肌を呼び戻してくれるのです。」だと提言されているとの事です。