読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生に必要な知恵は全てノーファンデ肌で学んだ

私ががコスメの情報と、毎日の出来事をなんとなーく書きためてます。

本日もヒマをもてあましてみずみずしい素肌を保つケアを綴ってみました

素人ですが、サーチエンジンで集めていた情報ですが、「セラミドという物質は、表皮細胞の代謝の過程で生成される“細胞間脂質”を指し、3%程度の水を抱え込んで、角質層の細胞と細胞を接着剤のように固定する重要な役目を有しているのです。」のようにいう人が多いと、思います。

ところが私は「ほとんどの女性が洗顔の後に日常的に使う“化粧水”。だからなおさら化粧水の効能にはこだわりを持ちたいものですが、夏から秋にかけての気温が高い時期に目立って困る“毛穴”のトラブルを改善するためにも引き締め効果のある化粧水は役立つのです。」だという人が多いそうです。

なんとなく書物でみてみた情報では、「美容液を塗布したからといって、誰もが必ずしも白い肌になれるとの結果になるとは限りません。常日頃の紫外線対策も必要となります。極力日焼けをしないための対策を予めしておきましょう。」な、解釈されているらしいです。

ちなみに私は「水分保有能力の高いヒアルロン酸が真皮層でたっぷりの水を保ち続けてくれるから、外部環境が変化やあるいは緊張感により極度の乾燥状態になったとしても、肌のコンディションは滑らかさを維持したいい状態でいられるのです。」と、公表されているようです。

たとえばさっき「できれば美肌効果を手に入れるためにはヒアルロン酸を1日に200mg程度身体に取り込むことがお勧めなのですが、ヒアルロン酸を含む食品はそれほど多くなく、普通の食事を通じて摂取するというのは簡単ではないのです。」な、解釈されているみたいです。

それはそうと今日は「一般的に市販の化粧水などの化粧品や健康補助食品に配合されているプラセンタは馬や豚の胎盤を原料としているものが中心です。気になる安全性の面から考えても、馬や豚を原料としたものが極めて安心できるものです。」だという人が多い模様です。

ところが私は「気をつけるべきは「少しでも汗が吹き出たままの状態で、構わず化粧水を顔に塗らない」ようにすることです。塩分や老廃物を含んだ汗と化粧水がブレンドされると肌に深刻な損傷を与えてしまう恐れがあります。」な、いう人が多いとの事です。

今日色々調べた限りでは、「肌に化粧水を浸透させるやり方として、100回くらい手で優しくパッティングするという方法があるようですが、こういうことはやめるべきです。季節要因などで肌が敏感になっている時には毛細血管の損傷が起こり気になる「赤ら顔」の誘因となる恐れがあります。」と、結論されてい模様です。

なんとなく文献で集めていた情報ですが、「保湿のキーポイントは角質層の潤いなのです。保湿成分がたっぷりと含まれた化粧水で角質層を潤いで満たし、補給した水分量が蒸発しないように、乳液とかクリームを使って肌にふたをしましょう。」な、公表されているみたいです。

私がサーチエンジンで探した限りですが、「プラセンタ配合美容液には表皮の細胞分裂を活性化する働きがあり、皮膚のターンオーバーを健全化させ、頑固なシミやそばかすが目立ちにくくなるなどの効能が現在とても期待されています。」だと結論されていと、思います。